/

この記事は会員限定です

相次ぐ台風 損保保険料、今後もさらに上昇続く

[有料会員限定]

損害保険料の引き上げが相次ぎ、家計の負担が大きく増えそうだ。10月に火災保険料が大手4社の平均で6~7%上がった。2018年度に起きた台風21号や西日本豪雨など自然災害で生じた巨額の保険金支払いを反映し、21年1月にもさらに上がる。過去最強クラスの台風19号が接近し、大きな被害が予想される。今後の値上げに備え、補償内容や保険料が適切かを再確認したい。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1861文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン