アルゼンチンに忍び寄る 中国発「債務のわな」 (グローバルViews)
サンパウロ支局 外山尚之

グローバルViews
コラム(国際)
2019/10/16 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

10月27日に大統領選を控えるアルゼンチン。世論調査で野党の反米左派陣営が現職のマクリ大統領に大差をつけるなか、早くも政権交代を見据えた動きが活発になっている。特に焦点となっているのが、中国との外交関係だ。親米のマクリ政権に比べ、左派陣営は中国との親和性が高い。中国発の「債務のわな」を巡る議論に背を向けるように、野党陣営幹部からは国際通貨基金(IMF)に代わり中国を頼るべきだとの声が優勢だ。南米…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]