スマホ、対話型授業に効果大きく 神奈川県立高で活用

2019/10/14 9:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神奈川県は全ての県立高校で、生徒が私物のスマートフォンなどを学習に利用できる環境を整える。先行導入した県立生田高校(川崎市)の小原美枝総括教諭は、授業を対話型に変える上でスマホなど情報機器の効果は大きいと指摘する。

神奈川県教育委員会は9月、県立高校など全144校への無線LANとインターネット回線の設置をほぼ終え、「BYOD」を可能にする環境を整えた。BYODはBring Your Own De…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]