スポーツ > ニュース > 記事

スポーツニュース

代表選考でトラブル スポーツ仲裁機構で早期解決
選手の異議申し立て 仲裁人が判断

2019/10/12 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国際大会の代表選考を巡るトラブルなど、スポーツの紛争を解決するには専門の知識が必要だ。通常の司法プロセスでは時間がかかり、早急な解決が難しい場合もある。スポーツの紛争解決に特化した機関がスポーツ仲裁機構だ。

日本では2003年、日本スポーツ仲裁機構(JSAA)が設立され、年間十数件を扱う。それまでは国内の紛争もスイスのローザンヌに本部を置くスポーツ仲裁裁判所(CAS)に申し立てる必要があった。手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

スポーツニュース 一覧

第2日、1番で第3打を放つ松山。通算1アンダーで13位=共同

 75と4打落とした松山。とんだ災厄に見舞われた1番(パー4)の「9」が全てといえよう。朝から雨。ショットが右へと滑りやすい難コンディションで、松山のドライバーショットは右の林に飛び込んだ。
 隙間を抜 …続き (22:15)

 スポーツ振興くじ(サッカーくじ)を運営する日本スポーツ振興センター(JSC)が、コンピューターが無作為に予想した結果を購入する「ビッグ」で、最高当せん金額を7億2円、キャリーオーバー時は12億円とす …続き (21:41)

DeNAの新入団記者会見でラミレス監督(右)と握手を交わす森敬斗内野手(22日、横浜市)=共同

 DeNAは22日、横浜市内のホテルで新入団7選手の記者会見を行い、ドラフト1位の森敬斗内野手は「ベイスターズの一員になれたと同時に責任感も感じる。全力プレーで感動を与える選手になりたい」と意気込んだ …続き (21:41)

ハイライト・スポーツ

[PR]