/

和田誠さんが死去 イラストレーター

(更新)

本の装丁やポスター、映画などさまざまなジャンルで活躍したイラストレーターの和田誠(わだ・まこと)さんが10月7日午後6時57分、肺炎のため東京都内の病院で死去した。83歳だった。お別れの会を開くが日取りなどは未定。

和田誠さん=共同

多摩美術大在学中に制作したポスターで日本宣伝美術会賞を受け、卒業後は広告デザイン会社に。たばこ「ハイライト」のデザインで注目を集めた。週刊誌の表紙に描いた似顔絵などで69年に文春漫画賞を受賞した。

和田誠さんが表紙などを描いた書籍=共同

77年から「週刊文春」の表紙を40年以上手掛けたほか、星新一さんや丸谷才一さん、つかこうへいさんら数多くの作家、劇作家の本で装丁や挿絵を担当。手仕事によるシンプルで温かみのある絵は広く愛された。

 和田誠さんがデザインしたたばこ「ハイライト」のパッケージ=共同

「麻雀放浪記」(84年)や「快盗ルビイ」(88年)などの映画監督としても活躍。落語や演劇の台本、訳詞などもこなし、94年には幅広い業績に対して菊池寛賞が贈られた。妻はシャンソン歌手で料理愛好家の平野レミさん。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン