/

この記事は会員限定です

モンゴルにITスタートアップの芽 「帰国組」けん引

[有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

モンゴルの首都ウランバートル市で、人工知能(AI)やフィンテックなどを担うスタートアップ企業が台頭している。担い手の中心は海外の大学に留学したり大手企業を経験したりした「帰国組」だ。小国ゆえの人脈の濃さを生かした人材育成で技術先進国入りをめざしている。現地で成長性と課題を探った。

フェイスブックやマイクロソフトなど世界の先頭を走るAI技術者が7月下旬、ウランバートル市に集まった。ディープラーニング...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3070文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン