千葉の被災地に迫る台風19号、被害拡大を懸念 備え急ぐ

2019/10/11 12:49
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

9月に台風15号の強風で4万戸以上の住宅が被害を受けた千葉県に、大型で非常に強い台風19号が接近する可能性が高まっている。新たな被害を食い止めようと各自治体は11日も朝から住民に土のうを配ったり、避難所の開設を準備したりと早めの備えを急ぐ。台風15号で停電が長引いた地域では、訪問看護施設の担当者が自宅療養者に入院を勧めるなどの対応に追われた。

「家にいつ何が起きるかわからず、落ち着いて仕事をして…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]