/

東海道新幹線、12日運休 首都圏在来線も順次取りやめ

(更新)
台風19号の影響で、閑散とするJR東京駅(12日午前)

大型で非常に強い台風19号は12日夕から夜にかけて東海や関東に接近し、過去最強クラスの勢力で上陸する恐れがある。1991年の統計開始以来初めて「非常に強い」勢力のまま東日本に上陸する可能性がある。気象庁は東日本を中心に広範囲で記録的な暴風となり、「大雨特別警報」を出す可能性があると明らかにした。

12日の鉄道各社の運行状況は、JR東日本は午後1時ごろまでに首都圏の在来線の運転を順次取りやめる。運転再開は早くても13日昼すぎになる見込み。台風被害で長期化する恐れがある。

東海道新幹線は東京―名古屋間で12日の始発から終日運転を取りやめ、名古屋―新大阪間は上下計6本のみ運行となる。山陽新幹線は新大阪―岡山間が午前中で運転を打ち切り、ほかの区間も大幅に本数を減らす。東北、上越、北陸各新幹線は午前11時以降に運転本数を減らし、順次運転を取りやめる。

空の便は全日空が羽田、成田両空港を発着する国内線全便、国際線も早朝や深夜の便を除いて大半を欠航させることを決定。日航は羽田、成田両空港の大半で欠航する。

気象庁によると、台風19号は11日午後9時現在、八丈島の南西約440キロの海上を時速20キロで北北西に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル。中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内は風速25メートル以上の暴風域。

気象庁は台風の強さを中心付近の最大風速で「強い」(33メートル以上44メートル未満)、「非常に強い」(44メートル以上54メートル未満)、「猛烈な」(54メートル以上)と3段階で表現。台風19号は千葉県内で大規模停電や住宅被害をもたらした9月の台風15号を上回り、「非常に強い」状態で接近している。

JR在来線の12日の運休時刻は、東海道線、京葉線、総武本線などが午前10時ごろ、横浜線などが同11時ごろ、京浜東北・根岸線、中央線(快速)、中央・総武線(各駅停車)、埼京線などが正午ごろ、山手線などが午後1時ごろ。湘南新宿ライン、上野東京ライン(上野―東京間)などは終日運転を取りやめる。

首都圏のJR在来線は13日も昼ごろまで運転を見合わせる予定。このほか東京メトロが12日に丸ノ内や日比谷、東西、千代田などの各線の一部区間で運転を見合わせる。小田急電鉄でも12日正午までにすべての運転を取りやめ、13日午前まで運休する。

都営バスも全路線で午後2時以降の発車分から運転を見合わせる。

安倍晋三首相は11日の閣僚懇談会で「国民に迅速かつ分かりやすい情報発信を徹底するとともに自治体などと緊密に連携し、先手先手の対策を講じるように」と指示した。政府は11日夕、首相官邸で首相も出席し台風19号に関する関係閣僚会議を開いた。

計画運休をめぐっては、台風15号の際、JR東などが事前に予告した再開時間がずれ込み、駅に利用客があふれるなどの混乱を招いた。このため国土交通省は11日、計画運休の指針を急きょ更新し、鉄道事業者に注意喚起した。十分な列車本数が確保できる時間を再開時間として発表するなどの工夫を求めた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン