消費増税後のポイント還元「1日8.2億円分」 経産相
還元対象のキャッシュレス決済202億円

2019/10/11 10:43
保存
共有
印刷
その他

総菜店でキャッシュレス決済を利用しポイント還元を受けた客(1日、東京都墨田区)

総菜店でキャッシュレス決済を利用しポイント還元を受けた客(1日、東京都墨田区)

菅原一秀経済産業相は11日の閣議後の記者会見で、1日始まったキャッシュレス決済のポイント還元制度を使って、これまでに1日あたり平均8億2千万円分が消費者に還元されたと明らかにした。還元対象となったキャッシュレス決済額は同202億円だった。7日までの試算値を平均して算出したとしている。菅原氏は「より消費者に活用してもらえる環境をつくっていきたい」と強調した。

消費税率の10%への引き上げに伴う景気対策として始まった政府のポイント還元には、1日から全国約50万の中小規模の店舗が参加している。一般の中小店ではキャッシュレスで支払った額の5%、コンビニエンスストアなどフランチャイズチェーン加盟店では2%分を消費者に還元する。

同制度を巡っては、約2万店で参加店舗の住所やポイントの還元率などの情報が誤って登録されたことが明らかになっていた。経産相はおよそ9割で修正が進んだことも明らかにした。修正は来週中には終わる見込みだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]