祝日取引をぶち上げた日本取引所の「次なる野望」
編集委員 川崎健

金融最前線
金融コンフィデンシャル
川崎 健
コラム(経済・金融)
編集委員
2019/10/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本取引所グループ(JPX)が、株価指数先物などデリバティブ(金融派生商品)の祝日取引を開始する検討に入った。海外市場との株価の連動性が強まる中、欧米よりも格段に多い祝日にも売買の場を提供したいというのは取引所としては当然の発想だ。そして、このタイミングで祝日取引の検討を開始した裏には、JPXの新たな構想も透ける。東京商品取引所(TOCOM)の買収によって晴れて複数分野の金融商品を扱う総合取引所…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]