失われた患者へのハート、許されざる乱脈経営
企業信用調査マンの目

コラム(ビジネス)
2019/10/15 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

心臓病専門の「大崎病院 東京ハートセンター」を経営していた医療法人社団冠心会(東京・品川)が8月27日に東京地裁より民事再生手続き開始決定を受けた。理事長夫人の資金流用疑惑で信用が低下。再建を目指すべくスポンサーを探すも話がまとまらず、家賃の不払いによって債権者から破産を申し立てられた後、債権者が破産申請を取り下げ、8月26日に同じ債権者が民事再生法適用を申請するという異例の倒産になった。

冠心…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]