ビートルズへのあふれる愛 映画「イエスタデイ」

アートレビュー
2019/10/11 17:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「ひょっとすると、アリかも!?」というような話をリアルに綴る『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイルが監督。こちらはスウィートに綴る「ラブ・アクチュアリー」の監督リチャード・カーティスが脚本。当代英国映画を代表する監督2人のザ・ビートルズへの愛が溢れる映画だ。

12秒間の世界大停電中に起きた車の事故。昏睡から覚め、シンガー・ソングライターとしての自分の将来に見切りをつけようとしていたジャック…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]