巧みな群像劇、余裕の演出 映画「真実」

アートレビュー
2019/10/11 17:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

『万引き家族』でカンヌ映画祭最高賞を受賞した是枝裕和監督の最新作。カトリーヌ・ドヌーヴとジュリエット・ビノシュというフランスの2大女優を使い、全篇(ぜんぺん)パリでロケ撮影した本年の話題作である。

大女優ファビエンヌ(ドヌーヴ)はいまも現役で、自伝『真実』を出版した。

その出版祝いのため、アメリカで脚本家をしている娘のリュミール(ビノシュ)が、テレビ俳優の夫(イーサン・ホーク)とともに里帰りする…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]