スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

女王バイルス、独走で最多5度目V

Tokyo2020
2019/10/11 8:23
保存
共有
印刷
その他

予選、団体総合決勝に続く今大会3度目の登場で、3度目の会心の演技を余裕たっぷりに披露した。女王バイルスは「全体的にいい演技ができて最高の気分」と笑みを振りまき、史上最多となる5度目の栄冠の余韻に浸った。

女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同

女子個人総合決勝 シモーン・バイルスの床運動(10日、シュツットガルト)=共同

【関連記事】寺本13位、畠田17位 世界体操女子個人総合
 こちらも3度目のお披露目となる床運動のJ難度「後方抱え込み2回宙返り3回ひねり」は着地で体が跳ねてラインオーバーの減点。それも「エネルギーが有り余ってしまった」と本人が苦笑いで振り返るように、失敗というよりはあふれるパワーを制御しきれなかった印象だ。

最初の跳馬でいきなり15.233点を出してトップに立つと、後続との差を広げ続けて頂点に立った。優勝争いというより、この人のために用意された花道を悠々と歩むようだった。

団体総合に続く今大会2個目の金メダルで、世界選手権の獲得メダル数は計22個に。バルセロナ五輪男子6冠のビタリー・シェルボ(旧ソ連、ベラルーシ)の持つ最多記録まであと1つに迫る。4つ全てで決勝に残っている種目別での更新はおろか、全種目制覇という夢まで膨らむ快進撃に、「さすがに難しいけれど、またいい演技を見せたい」と不敵に笑った。(本池英人)

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
メキシコ戦に先発し、6回1失点8奪三振と好投した今永=共同共同

 野球の東京五輪予選を兼ねる国際大会「プレミア12」は13日、東京ドームで2次ラウンドの2試合が行われ、日本(1次ラウンドB組1位)はメキシコ(A組1位)に3―1で勝ち、2次ラウンドの対戦成績を3勝1 …続き (11/13)

米国戦の八回、好機で空振り三振に倒れた坂本勇=共同共同

 2点を追う七回の日本。1死一塁から丸が放った大飛球に大歓声が湧いた。が、同点弾かと思われた打球は僅かに及ばずフェンス直撃。その後の二、三塁で山田哲は左飛、近藤は遊直に倒れた。
 八回も1点差に迫り、な …続き (11/13)

足立は最終選考会で悲願の五輪出場を決めた=共同共同

 東京五輪のカヌー・スラロームの男女日本代表4人が10月20日、本番会場のカヌー・スラロームセンター(東京・江戸川)で行われた最終選考会を経て決まった。順当に内定した羽根田卓也(ミキハウス)らに加え、 …続き (11/12)

ハイライト・スポーツ

[PR]