年金論議、脱政治化を 小林庸平氏
三菱UFJリサーチ&コンサルティング主任研究員

私見卓見
2019/10/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「老後資金2000万円報告書」や「財政検証」など、年金は国民の注目を浴びやすく、政治問題化しやすい。しかし地に足のつかない議論は、国民の高齢期の生活を不安定にしてしまうだけである。年金論議を冷静に進める方法はないだろうか。英国の「年金委員会」の取り組みから考えたい。

2000年代初頭、英国の年金制度は危機にひんしていた。少子化と長寿化によって給付水準の低下が見込まれていた。にもかかわらず私的な備…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]