スポーツ > Tokyo2020 > GO TOKYO > 記事

GO TOKYO

フォローする

体操団体総合 若き日本男子、成長示した「銅」

2019/10/10 23:55
保存
共有
印刷
その他

【シュツットガルト(ドイツ)=本池英人】体操の世界選手権で団体総合金メダルを目指した日本男子は6種目合計258.159点で2年連続の3位となった。旧ソ連時代以来28年ぶりの優勝を果たしたロシアとの差は約3.5点、最後にミスが出て2位に終わった中国とは約2.5点。来年の東京五輪に向けて2強の背中はまだ遠いが、視界には捉えつつある。

男子団体総合で3位となり、表彰台に上がる日本チーム=共同

男子団体総合で3位となり、表彰台に上がる日本チーム=共同

同じ3位でも1年前とは中身が違うと水鳥寿思強化本部長は強調する。「かなり手応えは感じた。去年は『ここまで差があるか』と痛感したが、そこから成長できた」

春の代表メンバー決定以降、全員が技の難度を急ピッチで上げる作業に取り組んだ結果、決勝のDスコア(演技価値点)はロシア、中国とほぼ互角。総得点も昨年の中国の優勝スコアを上回った。

全種目にただ一人出場して日本の支柱となった萱和磨(セントラルスポーツ)は「やってきたことは間違っていない。ちょっとは差が縮まった」と実感する。大会直前の谷川航(同)のケガがなければ、もう少し点の上積みもできただろう。初代表で国際審判から高評価を受け、ハイスコアを連発した18歳の橋本大輝(千葉・市船橋高)という"発見"もあった。

ただし、萱が「ちょっとは」と付け加える通り、成長したのは日本だけではない。ロシアはダラロヤン、ナゴルニーの二枚看板で復権を果たし、中国も軽く16点台を出すスペシャリストが力を発揮。いずれもダイナミックな技の中にしっかり両脚をそろえる繊細さを同居させ、技の出来栄えを示すEスコアで日本の先を行く。

その差を来年までにどう埋めるのか。水鳥本部長は内村航平(リンガーハット)、白井健三(日体大大学院)、そして高校2年の北園丈琉(大阪・清風高)の名前を挙げて「まだまだ他の選手もいる。すごく希望は感じる」と前向きだ。

大きな自信と課題を手にした若き日本代表に実績組が割って入るのか。あるいはさらに若い力が台頭してくるのか。今回の世界選手権より1人少ない4人の団体枠を巡る激しい競争の中でさらなる進化を図るほかない。

GO TOKYOをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

五輪関連コラム

パラリンピック関連コラム

電子版トップスポーツトップ

GO TOKYO 一覧

フォローする
インタビューに答えるJOCの山下会長

 24日で東京五輪開幕まで半年。各競技で徐々に代表が決定し、選手にとっても本番への準備が本格化してくる。昨年6月、日本オリンピック委員会(JOC)会長に就任した山下泰裕氏はどのように自国開催の五輪を成 …続き (1/24)

 24日で東京五輪の開幕まで半年となった。各競技で代表に内定する選手が少しずつ出る中、多くの競技で春までに選考レースが佳境を迎える。自国開催の晴れ舞台を目指し、有力選手たちがラストスパートをかける。
…続き (1/24)

ガーナ出身の父、日本人の母を持つ岡沢

 近年国内外の統括団体で問題が露呈し、東京五輪に向けてマイナスイメージを負ったボクシングだが、日本勢は精鋭ぞろいだ。中でもエース格なのが初出場だった昨年の世界選手権で8強入りし、メダルにあと一歩と迫っ …続き (1/23)

ハイライト・スポーツ

[PR]