/

この記事は会員限定です

リチウムイオン電池「金脈」争奪戦 ソフトバンクGなど

[有料会員限定]

リチウムイオン電池の開発に貢献した旭化成の吉野彰名誉フェローの、ノーベル化学賞受賞が決まった。同電池はスマートフォンや電気自動車(EV)、蓄電池などに用途が広がり、世界で需要が拡大する。こうした成長が原料分野にも新たな「金脈」をもたらしている。正極材に使われるコバルトやニッケルなどだ。商社や資源会社のほか、電池メーカー、IT企業など異業種が入り乱れた争奪戦になっている。

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1724文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン