リチウムイオン電池「金脈」争奪戦 ソフトバンクGなど

2019/10/11 11:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

リチウムイオン電池の開発に貢献した旭化成の吉野彰名誉フェローの、ノーベル化学賞受賞が決まった。同電池はスマートフォンや電気自動車(EV)、蓄電池などに用途が広がり、世界で需要が拡大する。こうした成長が原料分野にも新たな「金脈」をもたらしている。正極材に使われるコバルトやニッケルなどだ。商社や資源会社のほか、電池メーカー、IT企業など異業種が入り乱れた争奪戦になっている。

カナダ・ケベック州にある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]