神戸いじめ被害教諭、コメント要旨

関西
2019/10/10 22:59
保存
共有
印刷
その他

神戸市立小でいじめ被害に遭った20代男性教諭のコメントの要旨は次の通り。

子どもたちへ

急に先生が代わってびっくりしたね。ごめんね。

私は3年連続して同じ子どもたちを担任してきた。とても素直で、仲が良く、みんな前向きな児童だった。職員室が怖かった分、毎日子どもといる時間が幸せでたまらなかった。これからもずっとずっと君たちの笑顔は先生の宝物であり、生きがいです。ありがとう。

先生はよく「いじめられたら誰かに相談しなさい」と言っていましたね。しかし、その先生が助けを求められずに、最後は体調まで崩してしまいました。「ごめんなさい」。今の先生だからこそ、お願いです。つらいとき、悲しいとき、自分一人で抱え込まずに、誰かに相談してください。必ず、誰かが手を差し伸べてくれます。助けてくれます。いつか、みんなの前でまた元気になった姿を必ず見せに行きます。その日を夢見て先生も頑張ります。

保護者さまへ

いつも温かく迎えてくださって感謝でいっぱいです。たくさんご心配やご迷惑をお掛けしてすみません。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]