南シナ海行動規範、週内にも本格協議 域外国排除焦点
ASEAN、中国との対立残る

2019/10/10 20:36
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【マニラ=遠藤淳】中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)が南シナ海のルールとなる行動規範の策定に向け、週内にも本格的な協議に入る。領有権を巡る対立が続くなか紛争を抑止するのが狙いで、中国が求める域外国の排除を盛り込むかどうかが焦点となる。同海ではベトナムの資源開発作業を中国が妨害し、欧米各国は批判を強めており、策定協議にも影響しそうだ。

「行動規範により南シナ海を平和と友好と繁栄の海にしたい」。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]