経済安保強化へ政府組織改編 米中ハイテク摩擦背景に

経済
政治
中国・台湾
北米
2019/10/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府内で海外への技術流出の防止など経済分野の外交・安全保障に関する組織の新設が相次いでいる。国家安全保障局(NSS)に担当部署を設けるほか、外務・防衛両省も組織を改める。次世代通信規格「5G」を巡る米中のハイテク覇権争いなど、経済と安全保障が密接に関わる事態が増えている。国際環境の変化に対応する。

政府は外交・安全保障政策の司令塔を担うNSSの下に経済分野に特化した担当を置く。これまで経済産業省…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]