パナソニックホームズ、35年の初期保証 業界最長

住建・不動産
関西
2019/10/10 18:57
保存
共有
印刷
その他

パナソニックホームズは10日、新築住宅に対して業界最長となる35年間の初期保証を導入したと発表した。同社の製品の品質に起因する不具合が起きた場合、補修や製品の取り換えにかかる費用を原則、全額負担する。初期保証の対象期間を長期化して、購入者の不安を減らす。

初期保証の対象となるのは同社が指定する仕様のタイル外壁や屋根材を使った新築住宅で、今月1日以降に売買契約を結んだ物件。柱や基礎といった「構造く体」で35年間、屋根や外壁といった防水関連の製品で30年間保証する。これまで業界の初期保証の最長期間は30年間だった。

長期間にわたって製品の品質を維持できる耐久性を確認できたため、保証が可能になったという。台風や地震などの自然災害、経年劣化による変化は保証の対象外となる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]