/

この記事は会員限定です

諏訪理科大 IoTで来場者数を自動計測

[有料会員限定]

公立諏訪東京理科大学(長野県茅野市)の市川純章教授の研究室は、すべてのモノがネットにつながるIoT技術でイベント会場などの来場者数を自動計測するシステムを開発した。市販の光センサーやネットで公開されているAI(人工知能)の画像認識モデルを使っており、2万~3万円ほどで作れるという。17日から開かれる工業展示会で実証試験し、中小企業などを対象に安価なIoTのモデル技術として導入を支援する。

開発し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り793文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン