/

この記事は会員限定です

日本酒、不買影響で対韓輸出56%減

[有料会員限定]

日本政府による輸出管理の厳格化を受け、韓国で日本製品の不買運動が続いている。年2桁成長が続いていた日本酒の輸出量も8月は前年同月比56%減少した。韓国向け取引が最も多い新潟県では「受注が止まった」「販売量が5割落ちた」などの声があがる。国内消費が縮小するなか酒造各社は海外市場の開拓を進めているだけに、不買運動の長期化は各社の海外戦略にも影響しそうだ。

「7月にコンテナを輸出して以降、受注がストップ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン