/

この記事は会員限定です

[社説]新経営陣は日産を復活に導けるか

[有料会員限定]

日産自動車の新たな経営体制が決まった。社長兼最高経営責任者(CEO)に53歳の内田誠専務執行役員が就任するなど、ゴーン時代には停滞気味だった経営陣の世代交代が一気に進み、日産の再出発を印象づける人事になった。

ゴーン元会長の衝撃的な逮捕から来月で丸1年の節目となる。それ以外にも業績の急降下や提携相手の仏ルノーとの緊張関係の高まり、各工場での検査不正が示した現場のモラルダウンなど日産が直面する問題は数多い。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン