最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 23,307.81 -212.20
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
23,310 -240

[PR]

業績ニュース

ビックカメラ、今期最終10%増益 五輪観戦で4Kテレビ好調

2019/10/10 20:30
保存
共有
印刷
その他

ビックカメラは10日、2020年8月期の連結純利益が前期比10%増の154億円となる見通しだと発表した。増益は2年ぶり。高価格帯のテレビがけん引する。利益率の高いプライベートブランド(PB)の白物家電拡充も寄与する。

売上高は5%増の9410億円、営業利益は10%増の252億円を見込む。東京五輪の観戦需要で高精細な4K技術や有機ELを採用した高価格帯テレビが伸びる。共働き世帯を中心に根強い家事の効率化需要を取り込み、単価の高い乾燥機付き洗濯機なども売れる。

冷蔵庫やエアコンなど白物家電を中心に好採算のPB商品を強化。前期はスマートフォン決済「ペイペイ」の還元キャンペーンで粗利率の低いパソコンなどの売上高構成比が一時的に高まったが、今期は平準化するとみており、そのぶん粗利率が改善する。

同日発表した19年8月期の連結決算は売上高が前の期比6%増の8940億円、純利益が18%減の140億円だった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム