ロームや東大など、EV向け無線給電を開発
走行中に異物入らず

2019/10/10 18:14
保存
共有
印刷
その他

ロームやブリヂストン、東京大学などは10日、電気自動車(EV)が走行中に道路からワイヤレスで充電できる新しい給電システムを開発したと発表した。タイヤのホイール内部に電気を受ける部品を搭載したのが特徴で、走行中に異物が入りにくく、給電効率を高めた。従来は受電部が車体の下にあり、金属の異物が入ると、給電を止める必要があった。2025年にも実証実験を実施し、早期実用化を目指す。

新しい給電システムに対…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]