マクセルHD、有機EL部材の量産開始

エレクトロニクス
2019/10/10 17:58
保存
共有
印刷
その他

マクセルホールディングスは10日、中小型有機ELパネルの製造で発光材料を基板に付着させるために使う「蒸着マスク」の量産を始めたと発表した。同社は2017年からパネルメーカーのジャパンディスプレイ(JDI)と蒸着マスクを共同開発していたが、量産化が遅れていた。このほど量産技術を確立し、JDIへの供給を始めた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]