徴収不足は5億5千万円 住宅ローン減税申告ミス

2019/10/10 17:48
保存
共有
印刷
その他

住宅ローン減税などの適用を求める確定申告の誤りに国税庁が気付かず、税金を控除し過ぎていた問題で、会計検査院が2013~17年の申告を精査したところ、対象者は約3千人で、徴収不足の総額は計約5億5千万円に上ることが10日、関係者への取材で分かった。国税庁は当初、対象者は最大で約1万4500人と発表していた。

住宅ローン減税は、所得税などから年末の住宅ローン残高の1%が差し引かれる。

誤った申告は、親などから住宅購入資金を贈与された人が住宅ローン減税も申告した場合、住宅価格から贈与分を引いた差額とローン残高を比べ、低い方の金額から1%を控除する仕組みなのに、正しく適用していないケースや、自宅の売却益が3千万円まで非課税になる制度と住宅ローン減税は併用できないのに両方利用していたケースがあり、税務署も見過ごしていた。

検査院は、制度の周知をあらためて徹底するよう国税庁に求めた。同庁は「指摘を受けたのは事実。該当者の大半は、すでに修正申告と納税を終えている」としている。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]