ホンダ、新型フィット発売延期 品質確認で1カ月以上

自動車・機械
2019/10/10 17:28
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ホンダは主力小型車「フィット」の新型モデルの発売を延期する。当初は11月中旬の発売を計画していたが、1カ月以上遅らせる。電動パーキングブレーキに関する品質確認のためで、同じ部品を使う軽自動車「N-WGN(エヌワゴン)」は11月7日まで生産を中止する。主力車のトラブルで今後の販売戦略への影響も大きそうだ。

10日までに部品メーカーに新型フィットの量産開始を11月から12月に1カ月ほど遅らせると伝え…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]