災害対応の新造フェリー 松山―広島の石崎汽船

2019/10/10 17:18
保存
共有
印刷
その他

松山と呉、広島の3市を結ぶフェリーを運航する石崎汽船(松山市)は11日、新フェリー「旭洋丸」を就航させる。同社としては約30年ぶりの新造フェリーで、災害時には陸上に水や電力を供給する機能を備える。瀬戸内海の景色を楽しみながら快適に船旅ができるとして、インバウンド(訪日外国人)など観光客の利用増加も狙う。

松山と呉、広島を結ぶ石崎汽船の新フェリー「旭洋丸」(10日、松山市)

新造船は旧旭洋丸の老朽化に伴い導入した。内海造船瀬戸田工場(広島県尾道市)が手掛け、建造費は約13億円。総トン数約875トン、全長約63メートルで、乗用車換算で35台を積載できる。旅客定員は従来比25%減の300人とし、客席スペースなどに余裕を持たせた。

断水時には給水車42台分を陸上に送水できるほか、停電時には一般家庭60世帯分の送電能力の発電機も備える。2018年の西日本豪雨発生時には広島―呉の鉄道や道路が不通となる中、代替となる臨時便を運航。災害時のフェリーの重要性が再認識された。

清水一郎社長は「広島には多くのインバウンドが訪れている。美しい瀬戸内海を楽しみながら松山に足を運んでもらえれば」と期待を込める。

石崎汽船によると、松山―呉・広島間のフェリー航路の利用者数は年間約30万人で横ばい。一方、外国人利用客は年1万人を超え増加傾向にある。新しい旭洋丸は船内の案内表示を4カ国語表記にするなど外国人対応を進めている。

来夏には残る「翔洋丸」も新造船に置き換え予定。同航路を共同運航する瀬戸内海汽船(広島市)も新造船導入を進めており、両社の計4隻の刷新が完了する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]