/

久光薬、純利益18%減 3~8月 医療用苦戦

久光製薬が10日発表した2019年3~8月期の連結決算は、純利益が前年同期比18%減の75億円だった。医療用医薬品の苦戦が響いた。一般向けの「サロンパス」シリーズは新興国での売り上げに底打ち感が出てきたが、補いきれなかった。

売上高は9%減の634億円。国内の医療用医薬品は16年に貼り薬の処方制限が始まってから苦戦が続いている。

一方、新興国の一般向け医薬品の減収幅は縮小しており、同日の記者会見で高尾信一郎取締役は「現地の需要は強いと聞いており、今後も取り込めるかがカギになる」と意気込みを示した。

20年2月期の通期見通しは据え置いた。売上高は前期比で微増の1435億円、純利益は1%増の194億円を見込む。9月には協和キリンから新薬の承認に伴う収入を得た。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン