/

この記事は会員限定です

バンダイナムコ、買収で加速するガンダム海外戦略

証券部 増田由貴

[有料会員限定]

バンダイナムコホールディングスが「機動戦士ガンダム」シリーズの権利集約に乗り出す。10日、商品化の版権を管理する創通に対し、TOB(株式公開買い付け)を始めた。買収額は350億円とバンナムHDにとって過去最大。創通株の9日終値に対するTOB価格の上乗せ幅も6割強だ。誕生から今年で40周年を迎えたガンダムの権利一元化に向け、並々ならぬ決意だ。

「ガンダムの版権利用が相当スムーズになる」。バンナムHDの辻隆志執行役員はこう強調する。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1174文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン