窓口負担増 棚ざらし 医師会反対、健保法も壁に
社会保障改革 波高し(中)

2019/10/10 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

財務省が社会保障改革の本丸と位置づけながら棚ざらしの課題がある。75歳以上の高齢者が病院で外来受診した際の窓口負担の見直しだ。

現在はかかった医療費の原則1割。3割を窓口で支払う現役世代に比べ負担は軽い。財政制度等審議会(財務相の諮問機関)が6月にまとめた建議は「段階的に2割に引き上げるべき」とした。少なくとも2015年度から建議に盛りこんでいるが、実現していない。

75歳以上の後期高齢者医療に…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]