中部空港「FOD」開業1周年 来場者160万人、目標達成

2019/10/10 19:30
保存
共有
印刷
その他

中部国際空港(愛知県常滑市)は12日から、複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ(FOD)」の開業1周年イベントを開く。部品専用輸送機「ドリームリフター」の見学やボーイング787初号機の清掃体験、シアトル航空博物館のサイエンスショーなどを企画。来場者数は10月9日時点で述べ160万人を超えており、年間目標の150万人を達成した。

開業1周年を迎えた複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ(FOD)」(犬塚力社長は左から2番目)=10日、愛知県常滑市

中部空港の犬塚力社長は10日、記者会見し「空港を旅の通過点だけでなく、にぎわいの拠点にしていきたい」と話した。

FODは2018年10月12日に開業し、ボーイング787初号機の展示が目玉だ。空港直結の商業施設で、米シアトルにゆかりのある飲食店などをそろえた。子ども向けのデジタル技術を使った体験型アトラクションや、航空機の操縦シミュレーターも楽しめる。

中部空港は航空旅客だけでなく、空港を訪れる目的の来場者が多いのが特徴だ。8月には愛知県の国際展示場「アイチ・スカイ・エキスポ」、9月には格安航空会社(LCC)向けの新ターミナルが開業し、相乗効果を取り込んだ。犬塚社長は「他の空港も機能強化とレベルアップを図っている。負けないよう、新しいことに挑戦していきたい」と力を込めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]