東北の貸出金、伸び率鈍化傾向鮮明 山形など3県は減少に

地域金融
金融機関
北海道・東北
2019/10/10 16:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東北で地方銀行の貸出金残高が山形など3県で減少に転じ、全体でも伸び率が鈍化する傾向が鮮明になっている。2019年はじめまで前年同月比で増加していたが、青森・秋田・山形3県の貸出金残高の合計額は3月以降マイナスに転じ、東北全体でも前年の3%台の伸び率が1%台に鈍化している。米中貿易摩擦などを受けて投資を手控える動きもあり、地域の景況感にも影響しそうだ。

日銀が公表する銀行の都道府県別の貸出金残高は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]