ギークス、国民年金基金と提携しフリーランスを支援

スタートアップ
ネット・IT
2019/10/10 16:26
保存
共有
印刷
その他

フリーランスのIT(情報技術)人材仲介を手掛けるギークスは10日、全国国民年金基金(東京・港)と提携したと発表した。フリーランスの資産形成を支援することで、老後への不安を軽減する狙いだ。

IT関連のフリーランスには資産形成への不安を持つ人が多い

全国国民年金基金は全国47都道府県の「地域型基金」と22職種の「職能型基金」が合併する形で発足した。国民年金に上乗せして加入できる年金制度「国民年金基金」を運営している。今回の提携により、フリーランス人材がギークスを経由して国民年金基金に加入すると1万円がギークスから進呈される。

同社が今夏に実施したフリーランスへのアンケートでは46%が「年金や資産形成など老後の資産に不安」と回答した。提携を通じてフリーランス人材が国民年金基金を利用しやすい環境を整える。

ギークスはITフリーランス向けの福利厚生プログラム「フリノベ」を提供している。同社の案件検索サイトに登録すると会計ソフトの利用料金が割引されたり、健康診断を優待価格で受けたりすることができる。福利厚生を充実させることで、登録するフリーランス人材を増やす効果を見込んでいる。

(斎宮孝太郎)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]