北極圏大陸棚の石油・ガス開発、ロシアが民間開放へ
エネルギー面で米国に対抗

2019/10/10 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【モスクワ=石川陽平】ロシア政府が豊富な天然資源の眠る北極圏での石油やガスの開発を急いでいる。東シベリア北部の大型事業に4兆円を超える支援策を検討し、政府系2社に限ってきた大陸棚開発を民間に開放する法案の策定にも着手した。米シェール革命でシェアを伸ばす米国に対抗し、中長期的に「資源大国」の地位を固める考えだ。

9月中旬、プーチン大統領の側近、国内石油最大手ロスネフチのセチン社長がニューデリーを訪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]