/

この記事は会員限定です

再生T細胞療法に期待

WAVE)京都大学イノベーションキャピタル社長 室田 浩司氏

[有料会員限定]

「CAR-T」という言葉をご存じだろうか。キメラ抗原受容体T細胞の略語で、免疫チェックポイント阻害薬に続くがん免疫療法の一つである。日本ではリンパ腫の治療薬として承認され、2019年5月には1投与あたり3349万円と高額な薬価が認められたことで話題を呼んだ。

CAR-Tは免疫細胞の一種のT細胞にキメラ抗原受容体(CAR)の遺伝子を組み込んで製造する。CARは体内の様々な種類の細胞の中から、がん細胞...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1116文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン