再生T細胞療法に期待
WAVE)京都大学イノベーションキャピタル社長 室田 浩司氏

2019/10/14 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「CAR-T」という言葉をご存じだろうか。キメラ抗原受容体T細胞の略語で、免疫チェックポイント阻害薬に続くがん免疫療法の一つである。日本ではリンパ腫の治療薬として承認され、2019年5月には1投与あたり3349万円と高額な薬価が認められたことで話題を呼んだ。

CAR-Tは免疫細胞の一種のT細胞にキメラ抗原受容体(CAR)の遺伝子を組み込んで製造する。CARは体内の様々な種類の細胞の中から、がん細…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]