/

この記事は会員限定です

欧米客、大阪のビールごくり 客単価は2倍

[有料会員限定]

ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で日本代表が活躍するなか、大阪のクラフトビールも善戦している。同ビールを出す飲食店には欧米のラグビーファンが多く訪れ、試合だけでなく地元の味も楽しんでいる。

箕面ビール(大阪府箕面市)の直営店「BEER BELLY天満」(大阪市)では9月以降、欧米人客が急増した。9月29日のオーストラリア対ウェールズ戦は約40席が外国人で埋まった。客単価は3千~4千円と通常...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り369文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン