自動車輸送、日本品質でアジア開拓 近鉄や商船三井系

日経産業新聞
コラム(ビジネス)
2019/10/11 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

混載貨物事業者(フォワーダー)各社がアジアで自動車関連の物流事業を強化している。近鉄エクスプレスは年内にも、インドで車の鉄道輸送サービスの事業規模を25%拡大。商船三井ロジスティクス(東京・千代田)はフィリピンで車の保管、点検を始めた。車の輸送には傷を付けないなど高度なノウハウが必要で、日本企業に優位性がある。

近鉄エクスプレスは子会社のAPLロジスティクス(APLL)が展開するコンテナ鉄道輸送…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]