シャープ、加湿力高めた空気清浄機

エレクトロニクス
関西
2019/10/10 14:18
保存
共有
印刷
その他

シャープは10日、加湿機能を高めた空気清浄機を24日に発売すると発表した。部屋が乾燥しがちなエアコン暖房を使用する消費者が増えているのに対応する。価格は一番大型のもので税別13万円前後を想定する。

加湿機能を向上させた(10日、大阪市)

水分を含んだフィルターを2層にするなど加湿機能を高めた設計で、同じ広さの部屋を加湿する速度が従来製品より1.5~2倍になった。同社によるとエアコン暖房を使用する人は2017年に73%と、4年前比14ポイント増えた。「冬場中心に部屋の加湿需要が高まっている」(PCI商品企画部の植田宜裕部長)とみて、30代のファミリー層を中心に売り込む。

専用のアプリとつなぎ、空気清浄機が自動で加湿力を制御する機能も向上した。鉄筋か木造かといった建物の構造や、部屋の広さを新たにアプリで登録できるようにし、利用者が操作しなくてもより適切な湿度を保てるようになった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]