台湾の蔡総統、「香港の一国二制度は失敗」中国を批判

米中衝突
中国・台湾
2019/10/10 13:45
保存
共有
印刷
その他

【台北=伊原健作】台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統は10日、双十節(建国記念日に相当)の式典で演説し、「香港は(中国が返還後も高度な自治を認めるとした)一国二制度が失敗し、秩序を失っている」と中国を批判した。台湾は、一国二制度の受け入れを拒否すると強調した。中国の圧力で外交関係を相次ぎ失っていることについては、米国や日本などと連携して対抗する方針を示した。

台湾の双十節で演説する蔡英文総統(10日、台北市)

台湾の双十節で演説する蔡英文総統(10日、台北市)

蔡氏は演説で、民主派と警察の対立が激化し混乱する香港問題について触れたうえで、「中国は一国二制度の『台湾版』を掲げ、我々を不断に脅かしている」と警戒感をあらわにした。

香港で適用されている「一国二制度」はもともと、中国が台湾を統一するために考えた制度。同制度が適用されながらも中国が香港への支配力を年々強めるのを見て、台湾でも警戒感が強まっている。蔡氏は、この制度を受け入れれば「(台湾の)生存空間は失われる。拒否は、政党などを超えた台湾の最大のコンセンサスだ」と強調した。

台湾は9月、中国の圧力で南太平洋のソロモン諸島、キリバスとの外交関係を相次ぎ失い、台湾を外交承認するのは15カ国まで減った。蔡氏は「中国は権威主義と民族主義、経済力を結集して台頭し、自由と民主主義という世界の価値と秩序に挑戦している」と指摘した。中国は台湾の外交関係を奪うと同時に、地域での軍事・経済的な影響力を拡張する狙いだとの考えも示唆した。

蔡氏は「インド太平洋地域の最前線に位置する台湾は、民主的価値を守る第一防衛線だ」と強調した。米国は東・南シナ海での中国の台頭を抑え込むため、日豪など域内国家と連携する「インド太平洋戦略」を推進し、台湾を「信頼できるパートナー」と位置づける。蔡氏はこの戦略に貢献することで中国に対抗する姿勢を鮮明にした。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]