マイクロソフト、「Azureがヘルスケアで急激に浸透」

科学&新技術
BP速報
2019/10/10 15:00
保存
共有
印刷
その他

日本マイクロソフトの業務執行役員パブリックセクター事業本部の大山訓弘医療・製薬営業統括本部長(写真:日経 xTECH)

日本マイクロソフトの業務執行役員パブリックセクター事業本部の大山訓弘医療・製薬営業統括本部長(写真:日経 xTECH)

日経クロステック

「ヘルスケア分野はかなり大きく成長しており、特にAzure(アジュール)が急激に浸透している」――。日本マイクロソフトの業務執行役員パブリックセクター事業本部の大山訓弘医療・製薬営業統括本部長はこう強調する。日本マイクロソフトは2019年10月8日、日本のヘルスケア分野の取り組みを紹介した。

18年7月から19年6月のヘルスケア分野のクラウドの売り上げは前年同期比で53%増、クラウドの中でも「Microsoft Azure」の売り上げは同176%増だった。

日本マイクロソフトはAzureを活用した例の1つとして、国立がん研究センターの取り組みを紹介した。国立がん研究センター東病院大腸外科の医師である竹下修由氏らの研究チームは、手術映像のデータベースの構築を進めており、そのシステムにAzureを採用した。手術時の映像を集めてデータベース化することで、例えば器具をどのように動かしたときに出血が起きるのかなどを評価する。

手術映像のデータベースの構築にAzureを活用(出所:日本マイクロソフト)

手術映像のデータベースの構築にAzureを活用(出所:日本マイクロソフト)

これまで手術の技量は、医師の経験によるところが多く、他者と共有するのが難しかった。「患者は増加しているが、外科医は減少傾向にある。その中で手術の質を担保する必要がある」と竹下氏は話す。

まずは、内視鏡の手術映像を対象にデータベースを構築した。全国の39医療機関の300症例と、日本内視鏡外科学会が保有する660症例の映像を収集し、合計約1000例のデータを集めた。「海外でも手術の映像を集めたデータベースはあるが、今回構築したデータベースは世界に類を見ない大規模なデータが集まっている」(竹下氏)

国立がん研究センター東病院大腸外科の医師である竹下修由氏。同病院の機器開発推進室とNEXT医療機器開発センターにも所属している(写真:日経 xTECH)

国立がん研究センター東病院大腸外科の医師である竹下修由氏。同病院の機器開発推進室とNEXT医療機器開発センターにも所属している(写真:日経 xTECH)

手術映像から、手術の行程や作業、動作、器具、出血など発生した現象、患者の背景情報などを認識させタグ付けした。そのデータを機械学習させることで、将来的には人工知能(AI)手術支援システムナビゲーションを構築する予定としている。

他にも日本マイクロソフトは同社の複合現実の技術を応用し、医師と患者のコミュニケーションを支援するシステムをアステラス製薬と共同で開発する。患者はヘッドマウントディスプレーを装着し、複合現実のコンテンツを見ながら骨粗しょう症の治療や薬を服用する意義を理解する。日本マイクロソフトは同社の新しいヘッドマウントディスプレーである 「Microsoft HoloLens2」を用いたシステムを、20年以降に全国の医療機関に普及させる考えだ。

複合現実を活用したコンテンツのイメージ(出所:日本マイクロソフト)

複合現実を活用したコンテンツのイメージ(出所:日本マイクロソフト)

(日経 xTECH/日経デジタルヘルス 高橋厚妃)

[日経 xTECH 2019年10月9日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]