東京ムーブメント

フォローする

五輪テスト大会「台風課題」 組織委、情報提供巡り

Tokyo2020
2019/10/10 11:50
保存
共有
印刷
その他

2020年東京五輪・パラリンピック大会組織委員会は10日までに、東京大会に向けて行われた27回のテスト大会での、台風対策や競技運営について取りまとめて公表した。

全56回のテスト大会のうち、これまでに自転車競技やマラソンなど27回が終了した。19年は屋外競技を中心に、本番と同時期にテストを実施。暑さ対策、競技エリアの確認や、気象情報サービスの試行などを行った。

気象情報サービスでは、組織委が主導して競技実施の7日前から会場周辺の気象情報を集約。天気や降水量、気温、落雷のリスクを検証し、大会関係者に情報を提供した。大会本番では関係者専用サイトの活用や、観客向けアプリなどを検討しているという。

9月、関東に上陸した台風15号の影響では、競技開始時間を3時間遅らせたり、公式練習を中止したりして対応した。

組織委の担当者は「東京大会固有の課題の1つが、暑さだけでなく台風」と話し、鉄道事業者らと連携して情報提供していく考えを示した。

暑さ対策については10月下旬に改めて公表する見通しだ。

東京ムーブメントをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

東京ムーブメント 一覧

フォローする

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が今年6~7月に実施した空手用の床マット調達の一般競争入札で、業者が1円で落札していたことが21日までに分かった。組織委はホームページ上で過去の競争入札結 …続き (11/21)

 帝国データバンク横浜支店の調査によると、2020年の東京五輪・パラリンピックがもたらす業績影響について、神奈川県内企業の52.8%が「影響はない」と回答した。「プラスの影響」は16.5%だった。五輪 …続き (11/20)

 北海道開発局の後藤貞二局長は20日、札幌市内で記者会見し、市内での開催が決まった2020年東京五輪のマラソン・競歩競技について「国道が使用される場合は大会の成功に向けて最大限協力する」と述べた。北海 …続き (11/20)

ハイライト・スポーツ

[PR]