/

クレーン横転しバイク下敷き 東京、運転男性が重傷

9日午後6時35分ごろ、東京都葛飾区の中川にかかる環状7号の青砥橋で、護岸工事をしていたクレーンが倒れ、通りかかったバイクが下敷きになった。警視庁葛飾署によると、バイクに乗っていた40代男性が鎖骨を折る重傷。同署が事故当時の状況を詳しく調べている。

同署によると、中川では堤防の耐震補強工事が行われており、クレーンは台船に搭載されていた。現場にいた作業員は「バランスが崩れた」と話しているという。

現場は交通量が多い片側2車線の道路。クレーンは4車線とも完全に塞ぐ形で倒れ込み、渋滞が発生するなど周辺が一時混乱した。夜通しでクレーンを撤去し、10日朝に通行を再開した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン