/

この記事は会員限定です

「緩和にあらず」 資産拡大、FRBの真意

米州総局 後藤達也

[有料会員限定]

米連邦準備理事会(FRB)は9日、9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)の議事要旨を公表した。利下げの是非だけでなく、短期金利の急上昇を抑えるため、将来の資産再拡大も検討していた。ただ、資産を拡大をしても、従来の「量的緩和(QE)」とは異なるという認識はFOMC内で共有。安易に金融緩和へ傾かない姿勢を示したとも言えそうだ。

公表されたFOMCの議事要旨は9月17~18日開催分だ。この週に銀行間の短...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1112文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン