トルコのシリア攻撃、非難相次ぐ

中東・アフリカ
2019/10/10 3:53
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=野村優子】トルコがシリア北東部で軍事作戦を開始したことに、世界から非難する声が相次いだ。欧州連合(EU)は9日、「トルコに一方的な軍事行動の中止を要求する」との共同声明を発表。トルコがシリア北東部に設置を計画している安全地帯での支援も提供しない方針を示した。

欧州連合(EU)のユンケル欧州委員長は9日の欧州議会で、トルコの軍事作戦停止を求めた(ブリュッセル)=ロイター

北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長は「地域をさらに不安定化させ、緊張を高め、人々を苦しめる行為は避けるべきだ」として、トルコによる攻撃を批判した。イスタンブールで11日、エルドアン大統領と会談し、シリア情勢をめぐり協議するという。

ロイター通信によると、エジプトはアラブ諸国でつくるアラブ連盟の緊急会合を呼びかけた。エジプト外務省は「エジプトはトルコによるシリア攻撃を最も強い言葉で非難する。兄弟であるアラブ国家の主権に対する容認しがたい攻撃だ」との声明を出した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]