研究者には「剛と柔」大事 ノーベル賞受賞の吉野さん

ノーベル賞
木村 恭子
政治
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
2019/10/10 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「サイン、お願いします!」「一緒に写真を撮ってもいいですか」

旭化成の吉野彰名誉フェローはノーベル化学賞の受賞の報など知るよしもない9月末、東京学芸大付属高校(東京・世田谷)で高校生のサインぜめにあい、満面の笑みで生徒からの写真のオファーに応じていた。

同校で2018年から行っている特別授業の終了後の風景だ。

授業を後ろの席で傍聴していた生徒の母親は大学で化学を専攻していたという。「吉野先生はあ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]