/

この記事は会員限定です

ノーベル化学賞を支えた「2人の日本人」

[有料会員限定]

2019年のノーベル化学賞が、充放電が可能なリチウムイオン電池を開発した旭化成の吉野彰名誉フェローら3氏に贈られることが決まった。携帯電話などの普及に道を開き、世界の人々の生活を大きく変えたリチウムイオン電池。画期的なイノベーションの裏には、吉野氏のほかに2人の日本人の貢献があった。

「グッドイナフ先生が受賞されたことについて大変嬉しく思います」。9日夜、東芝の水島公一エグゼクティブフェローはこうコメントを...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン