NYダウ、一時200ドル超高 米中貿易協議の進展期待で

北米
2019/10/9 23:26
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=張間正義】9日の米株式相場は反発して始まり、午前9時45分現在、ダウ工業株30種平均は前日比165ドル76セント高の2万6329ドル80セントで推移している。上げ幅は一時200ドルを上回った。中国が米国産農産品の購入を拡大するのと引き換えに、制裁関税の一部を撤回する「部分合意」を米国に求めているとの報道をきっかけに、10日から始まる米中貿易協議の進展期待が高まった。

NYダウは反発で始まった(ニューヨーク証券取引所)=AP

中国の譲歩案は英フィナンシャル・タイムズ(FT)など複数のメディアが報じた。FT紙によれば、中国が米国産大豆の購入を現在の年2000万トンから3000万トンに増やすことを提案しているという。

スマートフォン「iPhone」の販売好調を理由にアナリストが目標株価を引き上げたと伝わったアップルが買われている。ダウ平均ではインテルやマイクロソフトなどに加え、エクソンモービルなど石油株も高い。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]